基礎が大事です

仕事をしている女性

ここで簡単にシステムエンジニアに必要となるプログラミング言語の話をしたいと思います。プログラミング言語にはいくつか種類があるんですが、主に就職する際には最低でも一つだけマスターしていれば問題ありません。ただ、それ以前に必ず頭に入れておいてほしいベースとなるプログラミングの知識があります。それがずばりHTMLです。なんとなく言葉は聞いたことある方も多いと思いますが、HTMLがあるからこそ他のプログラミング言語を入れることができます。つまり、HTMLの概念を知っておかないと、他のプログラミング言語をマスターしてもまったく使えません。なのでシステムエンジニアを将来目指す方に、簡単にHTMLの概要を教えておこうと思います。HTMLというのはすべてのプログラミング言語を適用させることができる枠組みになり、大きくbodyとheadにエリアが分かれています。bodyにはWEBサイトの主な見栄えやシステム面をプログラミング言語を使ってコーディングしていき、headには裏で動いているあらゆる情報をコーディングしていきます。基本的にはどんな言語も適用できますが、HTMLにすべて放り込んでしまうと、あとでソースをみることになった時にごちゃごちゃしすぎてわけわからなくなったりするので、CSSやphpなどを別のファイルで作成し、headでリンクさせて表示させるという手もあります。むしろその方法が一番ポピュラーになっているので、システムエンジニアを目指す方はこのあたりからしっかり勉強していくと良いでしょう。ちょっと難しいですが、勉強すれば誰でも理解できるようになります。